静岡県周智郡森町、掛川市、周辺地域でのお葬式・ご葬儀のことなら 神誠商事有限会社
神誠商事有限会社へのお問い合わせは、フリーダイヤル「0120-12-0628」をご利用ください。

会葬の知識


会葬の知識

会葬者の身だしなみ
男性 黒(ブラックスーツ)か濃紺もしくは濃いグレーのダークスーツを着ていきます。ワイシャツは白で、黒の、ネクタイを結び下げます。ネクタイピンは着けません。靴と靴下も黒かもしくは無地な色で統一します。会社や出張先から直行する場合は平服でも構いませんが、黒のネクタイや黒の靴下を身に着けるようにします。
女性 一般の会葬者として参列する場合は略礼服で構いません。デザインが派手なものを避け、黒、紺、グレー、茶、紫などの地味な色合いのスーツやワンピースを用意します。黒のブラウスとスカート、黒のジャケットにスカートの組み合わせでも大丈夫です。パンツもカジュアル過ぎないものであればOKです。靴やバックは黒でそろえ、真珠や結婚指輪以外のアクセサリー、肌の露出は避けましょう。
子供 制服がある場合は制服を着ます。無い場合は白いシャツやブラウスに無地の黒や紺、グレーなど落ち着いた色の服で、 靴は黒か地味な色にします。
香典の表書き
香典の目安
香典の金額は、故人・遺族との付き合いの深さ、自己の地位・年齢、地域などによって異なります。一般的には血のつながりが近い親族ほど高額になります。香典の金額は4と9のつく数字は避けた方がいいでしょう。また、新札を使うと香典をあらかじめ用意していたと考えられるので失礼に当たります。用意できずに新札を使うときは中央で一度折って使うようにしましょう。
両親 5万~10万円
兄弟姉妹 3万~5万円
他の親戚
(祖父母)
1万円前後
会社関係 2,000円~5,000円
友人・知人 2,000円~5,000円
ご近所 2,000円~5,000円
※上記掲載の金額はあくまでも目安です。
ふくさの包み方
香典の供え方
香典は本来、故人に手向ける香や花、供物の代わりで、霊前に供えるものでしたが、現在は受付で差し出すことが多くなりました。受付では、上書きの名前を相手側に向け両手で差し出します。このとき「このたびはご愁傷さまです」と一言添えるとよいでしょう。受付で記帳をする際に、大勢の方が並んでいるようでしたら、名刺を準備しておきます。
数珠の持ち方
焼香のマナー
地域や風習により異なる場合があります
真宗大谷派 2回(香をおしいただくことはしない)
浄土真宗本願寺派 1回(香をおしいただくことはしない)
浄土宗 1回または3回
曹洞宗 2回(1回目は香をおしいただき、2回目は香をおしいただかない)
真言宗 3回
天台宗 1回または3回
臨済宗 1回または3回
日蓮宗 1回または3回
お悔やみの言葉
言葉だけでご家族の悲しみを癒すことはできませんが、お悔やみの言葉は、
ご遺族の方へのいたわりの気持ちを込めて、手短に述べるのがマナーです。
一般的なお悔やみの言葉
「このたびは、まことにご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。」
病気で亡くなった場合
「お悲しみもさぞかしの事と思いますが、どうぞご看病疲れの出ませんように…」
故人と対面する際に
「安らかなお顔ですね。穏やかなお顔で、少し気がおちつきました。」
事故死・急死の際に
「突然の事でまだ信じられない思いです。ご家族のご無念はいかばかりと、お察し申し上げます。」
※キリスト教式での葬儀は、神に感謝し故人を懐かしむ場とされますので
「ご愁傷様」は不適切となり、「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」という言い方が一般的です。
避けるべき表現
挨拶をする際、死に関する直接的な表現は違う言葉に言い換えましょう
死ぬ
亡くなる、帰らぬ人となる、他界される
急死
突然のご不幸、思いもかけないこと
死亡
逝去(せいきょ)
生存中
ご生前、お元気なころ
避けるべき忌み言葉
「重ね重ね」「返す返す」「たびたび」「つぎつぎ」「しばしば」「くれぐれも」などの重ね言葉
「重ねて」「再三」「再び」「追って」「続いて」などの繰り返しを意味する言葉
「浮かばれない」「迷う」「四(死)」「九(苦)」などの不吉な意味の言葉
※地域により異なる場合がございます。予めご了承ください。
私たちがサポートいたします。深夜・早朝でもお気軽にお電話ください。
神誠商事が選ばれる10の理由とは…

お葬式ガイド

お葬式の事前準備|神誠商事のお葬式ガイド
お葬式の流れ|神誠商事のお葬式ガイド
会葬の知識|神誠商事のお葬式ガイド
法事・法要|神誠商事のお葬式ガイド
葬祭費の「給付金」制度|神誠商事のお葬式ガイド
よくある質問|神誠商事のお葬式ガイド